幸せいっぱいの結婚式場でバイトしよう|清潔感も採用のポイント

男女

より良い条件を探すために

作業員

専門知識は不必要なことも

あらゆる現場には管理者が必ずいます。規模が大きくなれば施工管理技師などの有資格者を置くことが義務付けられており、必要とされる職務となっています。もちろん現場監督には必ずしも資格が必須というわけではなく、採用条件にも資格の有無があらかじめ掲載されていることもあります。現場監督の仕事内容は一括りにできるわけではなく、たとえば現場の仕事が円滑に進むように職人や従業員に配慮したり、安全管理をおこなったり、ときに予算管理の仕事も任されることがあります。昨今の現場監督の採用条件などを見てみると、専門知識は必ずしも求められているわけではなく、あくまで補助者として雇われることも多いようです。大手ゼネコンなどの下請けで現場監督の仕事をおこなう場合、先述した施工管理技師とは言わずとも、職長安全衛生責任者や作業主任者の資格は取っておきたいところです。さて、現在現場監督の求人は以前に比べて増えています。景気の回復や災害復興なども追い風になり、やや売り手市場になっています。雇用条件もさまざまで、正社員だけでなく短期・長期、また臨時といった求人が出されています。求人や採用情報を探すなら、ハローワークや就職情報誌の他にネットにある就職情報サイトが大変参考になります。地域別や雇用形態別といったカテゴリに分かれていますし、各社の採用条件などの詳細が掲載されています。絞り込み検索も容易なので、一度試してみてはいかがでしょうか。